えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

カテゴリ: 五節句

55日は「端午の節句、菖蒲の節句」です。
・もともとは「菖蒲の節句」
  昔、急に暑くなるこの季節は病気になりやすく、亡くなる人が多かったため、
  菖蒲や蓬(よもぎ)の強い匂いで厄災・邪気を祓う日
・江戸時代に男の子の行事「端午の節句」となる
  「菖蒲」が「勝負・尚武」に通じ、男の子の健やかな成長を祈願する日

この日の行事
・五月人形、鯉のぼりを飾る…武士の象徴、出世のシンボル
・柏餅を食べる…新芽が出てから古い葉が落ちる柏の葉は「子孫繁栄」の験担ぎ
・粽を食べる…中国の故事から災いを避ける意味がある
・菖蒲湯…古くから病気に効く薬草として菖蒲の葉や根をお風呂に浮かべる
・家の軒に人型(ひとがた)にした蓬をぶら下げる…厄払い

現在は「こどもの日」
昭和23年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として祝日となり、男女の区別なくお祝いするようになった。

私は菖蒲をモチーフにした和菓子をいただきました~
抹茶菖蒲
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

◆ひな祭りの歴史
中国と日本の上巳(じょうし)の節句の風習が合わさり、ひな祭りとなりました。
現在、桃の節句(ひな祭り)は新暦の33日となっていますが、
元となった上巳の節句は旧暦の33日で
男女共通の行事で、
江戸時代に3月3日は女の子の日、55日は男の子の日となりました。

◆上巳の節句の風習
・中国…水辺で身を清め不浄を祓う風習
・日本…人形(ひとがた)に病気や穢れを移し、身代わりとなった人形を川に流し厄払い
・日本の宮中の女児がおこなっていた紙の人形のおままごと「ひいな遊び」
これらが合わさって「ひな祭り」となり、現在はひな人形を飾る風習へ変化しました。

ひな祭りにすること
ひな人形を飾る
桃の花を飾る
旧暦33日は桃が咲く時期。桃には邪気祓いや魔除け、長寿の意味
白酒桃は気力や体力の充実を齎すとされ、桃の花を漬けた「桃花酒」が飲まれていた
菱餅、ひなあられ赤は魔除け、白は清浄、緑は健康を表し、「白い雪が解けると大地に新芽が芽吹き桃の花が咲く」という意味もあると言われる
はまぐりはまぐりの貝殻は、対になっているものしかぴったりと合わないことから、一人の人と一生添い遂げるようにと願いが込められている
ちらし寿司…えび、れんこん、豆など縁起のいい具が祝いの席にふさわしい
 

◇お雛様を出す日
「立春」から「雨水」(2月初旬から中旬)のころ
◇お雛様を片付ける日
3月5日を過ぎてすぐ片づけなければ、お嫁にいくのが遅くなるという言い伝えがある
(32日「宵の節句」、4日「送り節句」と呼ぶ)
ちらし寿司
私もちらし寿司食べましたー。

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

今日99日は、重陽の節句(ちょうようのせっく)です。
重陽の節句は、一番大きな陽(奇数)の数字「9」が重なるため
「重陽」と言われ、とてもおめでたい日とされています。

また、菊の節句ともされています。
長寿の薬草で、邪気を祓うとされる菊を飾る日です。
ぜひ皆さんも今日は菊を愛でて、長寿や健康・繁栄を願いましょ~
菊の節句菊の和菓子
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

江戸時代には「五節句」という祝日のような日が5日ありました。
明治時代に廃止されましたが、今も残っている風習があります。

五節句の「節」は中国の暦で定められた季節の変わり目のことです。
(日本)無病息災、五穀豊穣、子孫繁栄などを願ってお供え物をする
(中国)季節の節目に旬のものから生命力をもらい、邪気を祓う
などの、中国の暦法と日本の農耕の風習が合わさってできたとされています。

中国では奇数=陽、偶数=陰とされ、陽(奇数)は縁起が良いとされますが、
陽+陽=陰になるため、邪気を祓うためにおこなわれたとも言われます。

人日の節句(じんじつのせっく)1月7日
(七草の節句)七草粥を食べて邪気を祓
い、一年の無病息災、五穀豊穣を祈願
上巳の節句(じょうし)3月3日 コチラ
(桃の節句)桃が咲く時期 けがれを人形に移して川に流す風習があった
 現在は「ひな祭り」で女児の健やかな成長を願う
端午の節句(たんごのせっく)5月5日 
コチラ
(菖蒲の節句)強い香気の菖蒲で厄を祓う、菖蒲湯に入って無病息災を願う
(尚武の節句)男児の健やかな成長を願う 五月人形、鯉のぼり
七夕の節句(たなばたのせっく)7月7日
(笹の節句)中国の織姫と彦星の伝説と日本の「棚機つ女(たなばたつめ)」
 が合わさったとされる 短冊に願いを書いて笹につるす
重陽の節句(ちょうようのせっく)9月9日 コチラ
(菊の節句)菊は長寿の薬草 邪気を祓い、長寿を願う 菊を飾る

このページのトップヘ