えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

カテゴリ: 暦

今日51日は「八十八夜(はちじゅうはちや)」です。
・立春から88日目
・数日後は「立夏」で、春から夏に変わる節目の日

八十八夜の由来

・八十八という字を組み合わせると「米」という字になることから、五穀豊穣を願う日
・末広がりの「八」が重なる八十八夜は縁起が良く、夏への準備を始める日

八十八夜の行事
・新茶摘み 新茶(一番茶)は旨み成分を豊富に含んでいる
  ※二番茶は6月下旬から7月上旬、三番茶は8月下旬に摘む

新茶

4月頃~6月頃まで(地域による)に摘み取られた茶葉でいれた
お茶を「新茶」と言い、初物として重宝されます。
八十八夜当日に詰まれた新茶は栄養価が高く、古くから不老長寿の
ご利益があるとされ、縁起物と扱われたそうです。

カフェインを気にされる方もいるかも知れませんが、多すぎなければ
問題ないので、
美味しいお茶でリラックスするのもオススメです。
もうで餅熊野那智大社
熊野古道のお茶屋さんの「もうで餅」が美味しかった。

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)
ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

5月になりました。いつもお読みいただきありがとうございます。
旧暦の5月は現在の6月にあたり、梅雨の時期となります。
そのため「五月雨」とは梅雨の別名で、「五月晴れ」は梅雨の時期の晴れ間を指します。

◆皐月の語源
苗植えの時期である「早苗月(さなえづき)」が略されて「さつき」となった。
「さ」には「神に捧げる稲」という意味があり、水に関係する「皐」の字が当てられ、
「皐月」となったと言われています。

◆皐月の異名
橘月(たちばなづき)…橘の花が咲くから
月不見月(つきふみづき)…雨が多く、月が見れない日が続くため
五月雨月(さみだれつき)、雨月(うげつ)、稲苗月(いななえづき)、
菖蒲月(あやめづき)、五色月(いろいろづき)、など

清々しい時季、皆さんも大きく深呼吸して気持ち良くお過ごしください。
私は伸びていた髪をちょっと刈り上げてスッキリしました~。
かりあげ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

4月になりました、いつもお読みいただきありがとうございます。
新年度の始まりですね。いろんな思いがあると思いますが、
体を信じて、良いイメージを持って治療に取り組んでいただきたいです。

◆卯月の語源
・卯の花(ウツギの花)の咲く時期(現在の新暦では5月に咲く)
・稲を植える植月(うづき)
・「初」「産」(最初を意味する)の“う”の音が転じて「卯」になった
などの説があります。

◆卯月の別名
卯花月(うのはなづき)、木葉採月(このはとりづき)、花残月(はなのこりづき)、
夏初月(なつはづき)、
孟夏(もうか、夏のはじめの意)

どの名前も春らしく、人も植物も始まりの季節を迎えている雰囲気がわかります。
生命が活発になる季節、体を整えて赤ちゃんを迎える準備をしましょう。
明治神宮手ぬぐい
↑大好きな明治神宮といただいたステキな手ぬぐい

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

3月を弥生と呼びますが、旧暦の3月は現在の4月中旬頃を指します。

◆弥生の由来
「弥」は「いよいよ」、「生」は「生い茂る」という意味があり、
「草木がいよいよ生い茂る月」という説が有力な由来のようです。

◆弥生の異名
花月、嘉月(かげつ)、花見月(はなみづき)、桜月(さくらづき)、
暮春(ぼしゅん)、桃月(とうげつ)などがあり、
漢字を見るだけで季節を感じられますねぇ。

気が早いですが、雛あられと桃の和菓子を食べちゃいます。
雛祭りのおやつ 
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

今日は4年に一度の229日ですね~。なんとなく嬉しい。

◆うるう年の意味
「地球の公転と、人が作った暦(カレンダー)のズレを修正する」
地球は北極と南極を軸に1日1回転(自転)し、
1365日かけて太陽の周りを公転します。
正確にはおよそ365.2422日かけて公転するため、
4年間で生じる約24時間分のズレを閏年で調整しているのです。

◆うるう年の決まり
・西暦を4で割り切れる
・西暦を100で割り切れない
・西暦を400で割り切れる

◆なぜ2月なのか
古代ローマでは2月が年末(一年の最後の月)とされていたため

◆うるう年といえば
・オリンピックがおこなわれる
・干支は子年、辰年、申年のみ

◆稀にあるケース
・閏秒…世界時計の調整のためにイレギュラーに1秒挿入される
・うるう年をさらに調整…400年に3回、閏年をスキップというものもあります。
松露今日のおやつ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

このページのトップヘ