えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

2015年12月

今日12/22は冬至です。
暗くなるのが早いとなんだかさみしいですねぇ。

冬至とは
一年でお昼が一番短く、夜が一番長い日
太陽の昇る高さが1年で最も低くなるため日没や早く、日照時間が短い
1年を24に分けて季節の移り変わりをあらわす二十四節気は
定気法という方法で計算し、冬至は1年で一番最後の二十四節気です。

冬至に食べるもの、すること
・かぼちゃを食べる
ビタミンAやカロテンなどの栄養が豊富で、風邪予防や冷えに効くと言われる
地域によっては「運盛り」と言って、「ん」のつく食べものを食べると
運気が上がるとも言われ、「冬至の七草」があるそうです。↓
なんきん、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うどん

・柚子湯に入る
「融通(ゆうづう)かきく=柚子が効く」「冬至=湯治(湯に浸かって病を治す)」
という江戸時代の言葉遊びが由来とされますが、
柚子にはビタミンCが多く、風邪予防や美肌、保湿などの効果があり、
先人の発想はとても理にかなっているなぁと思います。

一陽来復
冬至は太陽の力が一番弱くなり、翌日から日が長くなりはじめるため、
太陽が生まれ変わって力が甦り、冬至を境に運が上ってくるとされています。

私もかぼちゃの煮物をいただきました。
冬至のカボチャ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

12月は父の誕生月です。
お誕生日は帽子をあげました。
健康でいてくれますように~
父と帽子
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

治療院の近くの神社の奥にひっそり一本、美しく紅葉している木があります。
この紅葉をちょこちょこ見に行くのが楽しみです。
一本に緑、オレンジ、赤が見られてとてもキレイです。
あと、治療院で育てている小さなウリカエデも紅葉しました。嬉しい~!

なぜ葉っぱが赤くなるのか
気温が下がると、木が自分の体を守るために葉への栄養をやめて幹に栄養を蓄え、
光合成の必要がなくなって分解される葉緑素(クロロフィル)と糖分が一緒になり、
赤い色素(アントシアン)が作られて紅葉するそうです~(って友人に聞いた。笑)
紅葉1紅葉2ウリカエデ紅葉

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

12月になりました、いつもお読みいただきありがとうございます。
今年の冬は例年より暖かいですねぇ。
12月は和暦では師走(しわす)と言いますが、いろんな由来や語源があるそうです。
走るという漢字が入るだけに、忙しい月・一年が終わるというイメージが湧きますね。

年末に忙しいお坊さんが忙しく馳せる月
師匠が師趨(しすう、ちょこちょこ走る)する月
仕事が終わる 総仕舞いの意味の仕極つ(しはつ)がなまった
為す事が終わる 為果つ月(しはつつき)がなまった
年が終わる 年果る(としかつ)がなまった
・季節、四季が終わる 四極月(しはつづき)がなまった
・古い書物に「しわす」と読んでいたものに当て字をした、など…

挨拶に使う「師走の候」12月始めから中旬まで、
1
2月中旬以降は「歳末の候」「歳晩の候」などとなるそうです。
今年も残り一ヶ月となりましたが、風邪をひかないように体調管理をしながら
一年の締めくくりと新年を迎える準備をしましょう。
お菓子の名前忘れた
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

このページのトップヘ