えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

2015年11月

11月は私の誕生月です。
私のまわりは11月生まれの友人が多く、誕生日が近い鍼灸師の仲間達と
先輩から素敵なお祝いをしてもらい、大人の階段を登った気分です。笑
12日でとーーっても楽しく、幸せな時間でした。
お祝いしてくれた皆さんありがとうございました!
前菜黄身のプリン火鉢とチーズ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

先日、京都国立博物館で「風神雷神図屏風」を見てきました。
俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の風神雷神が75年ぶりに
同時に展示される「琳派 京を彩る」という特別展です。

風神は感冒薬「かぜに改源」の
CMでおなじみですねぇ。
風神雷神は宗達のものを光琳が模写し、光琳のものを抱一が模写したと言われます。
宗達の風神雷神は国宝、光琳は重要文化財となっています。
色、表情、目線など細部がそれぞれ違ってとても興味深かったです。

昨年も東京国立博物館で宗達と光琳の風神雷神を観ました。
私は宗達が好きですねぇ。 そして雷神より風神が好きですねぇ。
そして京都でも東京でも風神雷神のペン付きのメモ帳を買っていることに気付き、
自分の変化のなさに複雑さを感じました。笑
京都と東京のメモ帳

先日、長野の友人が大阪に来てくれました。
大阪観光をしながら、メッチャ美味しいイタリアンバルと
パン屋さんを見つけて、とても楽しい幸せな時間でした。
そして以前から興味があったバッティングセンターに行きました。
(サラリーマンがストレス発散するイメージで、本当にスッキリするか気になってた。笑)

ところが軽い気持ちで行ったら大変!どハマリして20球×7セットもやってました!
友人も私もボールをバットに当てられるものの、ホームランが打てない。
打ちたいと思うと、バットにも当たらなくなる。やはり欲はいけないですねぇ。笑
最終的に一番遅いボール&一番軽いバットでホームランを打って浮かれてました。

予想以上の運動量で汗だく、直後に両腕が筋肉痛になりました。
完全にハマった友人は長野に帰った翌日も行ったそうな。
こんな話で失礼しました。楽しさを伝えたかったのです。
ぜひ皆さんもトライしてください!経験のある方はお話を聞かせてください!

↓写真はクロマティ気分の私です(古い)
クロマティ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

11月になりました、いつもお読みいただきありがとうございます。
11月は霜月以外に「雪待月(ゆきまちづき)」「神楽月(かぐらづき)」などと呼ばれます。
以前のブログに書きましたが、10月に出雲に行っていた神々が戻るので
「神帰月(かみきづき)」とも言われるそうな。

11
月は茶道の世界では「茶人の正月」とも呼ばれる大切な節目の時期です。
「炉開き(ろびらき)」と「口切(くちきり)」という、めでたく、重要な行事があります。
これらの行事は旧暦10(亥の月)、亥の日、亥の刻におこなう風習があり、
()は陰陽五行説で「水」にあたるため、火の災いを避けるという意味を持ちます。
季節のお菓子には「亥の子餅」があります。

炉開き…風炉を終え、「炉」を開いて新しい季節を迎える
口切…初夏に摘んで熟成させていた新茶の茶壷の口を切り、初めて使う
  寒い季節は、畳の一部を切った穴の中にお釜を入れる「炉」、
  暖かい季節は、畳の上に台とお釜を置く「風炉(ふろ)」となります。

11
月の茶道のお稽古は釜の場所やしつらえが変わり、新鮮ながら気が引き締まります。
そして、お点前も座る位置など色々変わるので、私はテンパります。笑
また、着物も衣替えで単衣(ひとえ)から袷(あわせ)となります。
私も10/31に祖母のお下がりの着物で単衣の着おさめをしました。

当院で育てているカエデはまだ紅葉する気配がありませんが、
茶道や着物の昔からの良さを感じながら、これから色づいていく秋を楽しみます。
皆さんもステキな秋をお過ごしください。

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

このページのトップヘ