えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

2015年09月

一年で一番美しく見える旧暦815日の月を「中秋の名月」「十五夜」と呼び、
収穫の感謝や豊作祈願のためにお供え物をしてお月見をします。
芋類の収穫を祝い、里芋やさつまいもをお供えしていたことから芋名月とも言う。

「中秋」と「仲秋」の違いは?
昔は旧暦789月(現在の8910月)を「秋」とし、
7月と孟秋(「孟」ははじめ)、8月を仲秋、9月を季秋(「季」は終わり)と呼んだ。
そのため、「旧暦8月」に見える美しい月を「仲秋の名月」、
79月の真ん中である旧暦815日の月を「中秋の名月」と書きます。

十五夜の決め方
旧暦では、新月を1日目、15日目を十五夜(満月)と考えていましたが、
現在の暦ではズレが生じ、「十五夜」と「満月」が一致しないことが多くあります。

お供え物
ススキ:魔除けになるとされていた
月見団子:穀物の収穫に感謝してお米から作り、月に見立てた
供える数は「その年の満月の数12個(13個)」か「十五夜は15個、十三夜は13個」
お供えしたあとは食べることで、神様との結びつきが強くなると言われます。

十五夜以降の月の呼び方
十六夜(いざよい):十五夜よりも遅く、いざよう(ためらう)ようにして出てくる
十七夜:立待月(たちまちづき)立って少し待っていると月が出る
十八夜:居待月(いまちづき)立って待つも出ず、座って待っていると月が出る
十九夜:寝待月(ねまちづき)座って待つも出ず、寝る頃に月が出る
二十夜:更待月(ふけまちづき)さらに夜が更けて出る月

片見月とは
旧暦913日は「十三夜」と呼ばれ、十五夜の次に美しいと言われる。

収穫した豆や栗をお供えするため「豆名月」「栗名月」とも呼ぶ。
今年の十三夜は1025日(日) ※十三夜は日本独特の風習
十五夜または十三夜のどちらかしか見ないことを「片見月(かたみづき)」と呼び、
両方のお月見をすると縁起がいいとしていました。
中秋の名月2中秋の名月
中秋の名月に撮った写真、雲がスゴイ

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

正式名称は「彼岸会(ひがんえ)」
 お墓やお仏壇を清めてお供えし、ご先祖様を供養する日本独特の風習
春彼岸:春分の日と前後3日間の計7日間
秋彼岸:秋分の日と前後3日間の計7日間
 初日を「彼岸の入り」春分・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」
 終わりの日を「彼岸の明け」
と言い、日にちは毎年変わる。
今年は、彼岸の入り9/20()・中日9/23()・彼岸明け9/26()
 
由来
仏教のパーラーミター(波羅蜜)の漢訳が「彼岸」
私たちの住む此岸(しがん)は東、仏様の住む彼岸(ひがん)は西にあるとされ、
春分と秋分は太陽が真東から昇り、真西に沈むため、
此岸と彼岸がもっとも通じやすくなると考え、西に向かって拝み供養する

「ぼたもち」と「おはぎ」
小豆は古くから「邪気を払う」、お餅は「五穀豊穣」と言われ、
種を蒔く春は収穫を願って、収穫の秋は豊作に感謝してお供えする
 春彼岸=春に咲く牡丹で牡丹餅(ぼたもち)→大きな花なので、牡丹餅は大きく丸い
 秋彼岸=秋に咲く萩で御萩(おはぎ)→小さな花なので、牡丹餅より小さく俵型

「暑さ寒さも彼岸まで」

春分と秋分は暦では昼と夜の長さがほぼ同じになり、
春分以降は寒さが薄れ、
秋分以降は暑さが和らぎ、季過ごしやすい気候となる

彼岸花

9月中旬のお彼岸の頃に赤い花が開くため、彼岸花と呼ばれる
サンスクリット語で「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」=天界に咲く花、の意
花や茎が枯れた後に球根から葉が出る、普通の植物とは逆の生長をする
彼岸花白い彼岸花
家の前に咲いている彼岸花、白いのが1本。「しろばなまんじゅしゃげ」と言うそう

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

9/20()は大阪の鍼灸学会でした。
以前より東京で所属している学会の大阪支部で今年4月に入会しました。
ベテランの先生方が毎月交代で講義をされますが、今月は一番尊敬する
先生が担当で、そのお手伝いをさせていただくことになりました。

私の所属する会では「難経(なんぎょう)」という古典を研鑽しています。
難経は脈診(脈の状態で体の状態を判断する)について多く記され、
習得することで脈から病気の有無や病気の状態を理解することが可能です。
他にも難経に基づいて体の状態を把握し、治療方法を考え、鍼をおこないます。

講義の助手をするという責任感から、自分で勉強する時よりも、
様々なことを想定して勉強すると、深い意識を持てるようになりました。
古典は難しくもありますが、臨床につなげて考えるとさらに興味深くなります。
研修会終了後も話し合いや練習をおこない、とても充実し有意義な時間でした。

どの職業でも勉強を続けることは不可欠ですが、
鍼灸の長い歴史はとても奥深く、そしておもしろいものです。
学と術を深めて治療に活かし、つねに良い治療をおこなうべく精進します。
鍼ケース
私の鍼ケース。緑のフエルトに刺繍してお気に入り

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

9/13(日)は以前より所属している東京の鍼灸学会に参加してきました。
以前の職場の院長や同僚、いろんな先生にお会いできるのが嬉しい時間です。
今回は他の学会の会長を外来講師に招き、いつもと違う講義と実技でした。

四季のある日本には「季節によって出る症状」があります。
わかりやすいのは、季節の変わり目に風邪を引く、春は花粉症になる、などです。
気温差、寒さ、湿気、花粉など、その季節によって原因となる様々なものを
「邪(じゃ)」と呼び、それが体に入ると急に症状が出ます。

邪を取ることで症状は改善・軽減します。
早めに治療をしないと長引いたり、ひどくなったりします。
鍼灸は季節の症状の治療も得意としていますが、治療方法は様々です。
今回は外来の先生の学会の治療法も取り入れておこないました。

学会は新しい学術の習得と同時に刺激になり、好きな先生に会える良い機会です。
しかし、学会でも咳や鼻水の症状が続いている先生が多かったです。
季節の変わり目の気温差は体には厳しいものです。皆さんもご自愛ください。
ちなみに私は全然病気にならないので不思議に思います…
おじぎ草
おじぎ草のお花はカワイイんです!

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

今日99日は、重陽の節句(ちょうようのせっく)です。
重陽の節句は、一番大きな陽(奇数)の数字「9」が重なるため
「重陽」と言われ、とてもおめでたい日とされています。

また、菊の節句ともされています。
長寿の薬草で、邪気を祓うとされる菊を飾る日です。
ぜひ皆さんも今日は菊を愛でて、長寿や健康・繁栄を願いましょ~
菊の節句菊の和菓子
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

このページのトップヘ