えりふじ鍼灸院のブログ

大阪府豊中市の不妊専門鍼灸院 鍼灸師のいろいろ

今日520日は「小満(しょうまん)」です。
5/20頃~芒種(ぼうしゅ)前日まで(2016年は5/206/4
・現在の6月後半を指している
・立夏から約15日後

陽気が良くなり、万物が成長して天地に満ち始める頃で、昔の人は、
秋に蒔いた麦の種が穂をつけると、安心(少し満足=小満)したとも言われます。

走り梅雨
梅雨に入る前のぐずついた天気のこと。そのあと晴れた日が続き、
そして
本格的な梅雨に入ります。走り梅雨が見られると春は終わりです。
雨足は強くないが、長時間続くのが特徴。

ハナミズキもそろそろ咲き終わるころですが、私は和菓子で。
ハナミズキと抹茶ハナミズキ
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

5/8(日)は鍼灸師の先輩に誘われて「アースデイ@はまでらこうえん」での
「小児はり・お灸体験」のブース出店に参加してきました。
お天気に恵まれ、多くのお客さんで賑わっていました。

大人は症状に合わせて熱くないせんねん灸で治療し、
子どもには小児はりの治療をおこないました。
多くの方が受けてくださり、気持ち良い治療を体感されていました。

こういった活動から、さらに鍼灸が広まるといいなと思います。
アースデイ浜寺月のこどもたち
不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

ゴールデンウィークに熊本へ鍼灸ボランティアに行ってきました。
東京にいた頃、鍼灸のボランティアチームに所属して活動しており、
その代表の号令で各地から鍼灸師が集まりました。 
避難所を巡回し、小中学校の教室や体育館で鍼灸治療をおこないました。

地震で被災された方々や中高生も炊き出しやボランティアをされ、
他府県からのボランティア申込にも行列ができ、日本の助け合いの精神を感じました。
一人では小さな力でも、集まれば大きな力になります。
鍼灸もそのひとつとして、少しでも役に立つとありがたいと思いました。

被害の大きな地域の復興には、長い時間が必要だと感じました。
早い復興と、被災された方の安全と健康を願うばかりです。
熊本空港熊本大神宮受付治療用ベッド
新旧マイ箸
↑外食時のマイ箸が折れてしまったので、
くまもんのお箸を買いました。

不妊鍼灸のえりふじ鍼灸院(大阪/豊中市)ホームページ
女性専用・女性鍼灸師 婦人科疾患も可能

このページのトップヘ